姫路営業所
 福原商店トップページ (1)
 FUKUHARA HIMEJI NEWS (17)
 うちが自慢の「こだわり屋根」 (7)
 進化する屋根 (9)
 瓦の庭園 (7)
 「瓦庭園と盆栽展」IN姫路好古園 (13)


ページ : 01   02  
うちが自慢の「こだわり屋根」 7 件の登録があります。

いぶし瓦を魅せる屋根
From : T.SAITO
ほぼ目の高さに位置する軒先に使用した軒先唐草は「州浜」。6寸の勾配が一階の軒先にまで延びてくるいぶし切落し瓦を施工した屋根は甍の波を目の当たりにさせ、洋風の建物にして和を感じる作り。お施主様の和に対するこだわりそのものです。
建築途中ですが屋根全面に甍の波を感じられるのは今だけです。やがてこの流れの長い6寸の勾配屋根には太陽光パネルが付く予定。

美しさにこだわりながらもエコを気遣うお施主様の心を感じました。

施工:ナルセ商店様
2009-10-07 18:44:50

屋根の個性
From : T.SAITO
一昔前、屋根職人さんがこだわったのが、のし積みと鬼!もちろんその他の部分も職人の技を用いて完璧に仕上げることに心を注いだのですが、最もこだわったのが棟部分と聞きました。のし棟は家の品格を表し、鬼は家の風格を表す。そして思い通り仕上がったときお施主様の満足の笑顔がいただける・・・・お施主様の家作りへのこだわりは、まず屋根へのこだわりから入っていったのです。

現在の家は洋風作りが主流となり、どの屋根を見ても同じような仕上げで、屋根の個性と言うものがなくなって来たと感じています。今のお施主様が家と言うもの・・・特に屋根にこだわらなくなって来たのでしょうか。

これは全く違うと思っています。やっぱり普通、家というものは一生に一度しか建てないもので、長年住む家にこだわりを持たない人はいないはずです。その原因は時代の流れで家作りの作業がマニュアル化されたことと同時に家作りの過程もマニュアル化されてしまったということでないかと思います。

お施主様は決まったものの中からベストではなくベターなものを選ぶ・・・・お施主様にとってベター以上のものは提案されないわけですから数種類のベターがベストと言うことになるのではないでしょうか。

私達は、ここ十数年間提案と言う作業を忘れていました。マニュアル化された作業の中でリスクを避けることに重きを置いてきたように感じています。お施主様にベストを選んでいただくため・・・つまり最大の満足を得ていただくためにもう一度提案と言う作業を思い出さなければならないと考えています。

ここでは、そんな提案を続けておられる工事店様の仕事を少し紹介したいと思います。

2009-10-07 18:54:39

和型瓦で通気屋根
From : T.SAITO
和風家屋での野地面換気を紹介します。

 碧豹絅掘璽箸脇湿防水ルーフィングを施工します)
 雨水の防水と同時に野地板の湿気を瓦下通気層へ放出します。
  
◆文先には軒先水切り、水抜き付き鼻桟木、通気面戸を使用。瓦桟木は水抜き付き人工木材です)
 軒先から新鮮な空気が吸入され熱と湿気を含んだ空気を棟へ押し出します。また万一雨水が瓦下に流入しても写真のように軒先に出て行きます。
 
(棟には乾式通気棟シート・メタルロールを使います)
瓦下の湿気を含んだ暖かい空気がメタルロールの通気シートを通して外へと押し出されます。
 
ぁ陛錣楼貘侶薪鏨い鮖箸い泙靴拭
のしを積まずに一体型棟瓦を使用することで躯体に負担をかけない乾式軽量通気瓦屋根の完成です。


2009-10-07 18:55:16

「家並みに溶け込む小さな神社」のリメイク
From : T.SAITO
住宅街の家並みにしっくり溶け込んだ小さな神社・・・・

家並みとの調和と歴史が語る重厚さを大切に考えました。
真新しい銀いぶしが大空に映えます。

工事店様 堤瓦店
場  所 網干区 K神社
2009-10-07 18:56:02

ゆったり流れる時間の中で
From : T.SAITO
「急ぎませんからじっくりやってください」
年輩のお施主様の言葉でした。

私たちが忘れかけていたことを思い出させてくれました。
ゆっくり流れる雲に映えるいぶし銀の屋根・・・・いい工事が出来たと思います。

使用瓦  「夢創」53防災型
姫路市  F邸
施工   下森瓦商店http://www.gemorikawara.com/
2009-10-07 18:58:22
うちが自慢の「こだわり屋根」 7 件の登録があります。
ページ : 01   02